医学論文やビジネスで利用できる翻訳サービスの活用

便利なサービスを利用して確かな結果が得られる

翻訳サービスの注意

翻訳サービスを利用する上での注意点

翻訳サービスは、大量の外国語文章を短期間に翻訳する際などには、大変重宝するサービスと言えよう。特に周囲にその外国語に堪能な者がいない場合には尚更のこと。最近では、無料で利用できる翻訳サイトが複数存在するものの、数年前に比べてその精度は向上しているものの、翻訳されたそのままでは正式なものとして使用できるレベルではまだない。そう言った意味で、人が行う翻訳サービスを利用する必要性がある。その翻訳サービスでさえも、利用する際には注意が必要である。 まず認識すべきことは、翻訳サービスに従事する翻訳者により、翻訳の仕方が少しずつ異なることである。もちろん翻訳者は、その語学についての十分な知識を有しているので、翻訳が原文と全く異なることは無いものの、その原文の本質的意味を正確に捉え、それを翻訳できているかは、必ずしもできているとは言いがたい点がある。特に、その分野、業界、コミュニティ内等にある専門用語や独特な言い回しなど、その翻訳者がそれらに精通していない限りは、難しい。そのため、翻訳サービスはそういったことを踏まえた上で利用すべきである。

翻訳サービ スの効率的な使い方

前段の注意点から、効率的な翻訳サービスの使い方としては、まず分野、業界、コミュニティ内等である専門用語や独特な言い回しなどを書き出し、単語リストとして一覧にして、利用する翻訳サービスの会社または翻訳者に事前に渡すことである。また、関連する文章や図書、翻訳済みの文章なども渡すことで、翻訳者がそれらを参考にしながら、同様な文調で翻訳文章を作成できる。 もう一点は、継続的に同じ翻訳者を指名し、利用し続けることである。上記の情報を渡したしても、翻訳を依頼する度に翻訳者が変わっていては、ノウハウが蓄積しない。また、受け取った翻訳後の文章について、最終的に文調等を修正したのであれば、その最終のものを翻訳者にフィードバックすることも重要である。このフィードバックにより、翻訳者は依頼者の特徴を理解し、次回の翻訳の参考にし、更に精度を向上させることができる。 多くの翻訳サービスの料金設定は、1単語◯円、1文字◯円となっている。その価値を向上させるためにも、上記した方法で自分好みの翻訳者を育てることが重要である。

Copyright© 2015 医学論文やビジネスで利用できる翻訳サービスの活用All Rights Reserved.