医学論文やビジネスで利用できる翻訳サービスの活用

便利なサービスを利用して確かな結果が得られる

現代の翻訳の状態

翻訳会社が手掛けるもの

翻訳と言えば思い浮かぶのが海外の映画や小説などの翻訳でしょう。しかし、近年のグローバル化により、ビジネスの面での翻訳の需要が増加してきました。マニュアルや技術文書など、語学力のみならず専門知識を必要とする翻訳が求められるようになったのです。また中国語、スペイン語、フランス語など英語以外の言語への翻訳も必要となってきました。その需要に合わせるように台頭してきたのが専門の翻訳会社です。グローバル企業の多くが、こうした翻訳会社に依頼するようになりました。翻訳の分野は、工業、機械、電機などから金融、医薬品に至るまで多岐にわたります。また技術関係には不可欠な特許の翻訳も依頼が増え、「特許翻訳」という分野も確立するようになりました。

インターネットの普及と技術革新により変わったこと

翻訳会社に依頼する時は、コーディネーターと呼ばれるスタッフに注文内容を詳しく伝え、登録する翻訳者が実際の作業をし納品するという形が従来のものでした。必然的にグローバル企業が集中する大都市圏に翻訳会社も多くありました。しかし、インターネットの普及により地方にいても受注・納品が可能になり、都市圏以外に事務所をかまえる翻訳会社も増えてきました。また国内に限らず、ネイティブが居住する国で翻訳者を多く登録し、インターネットを通じて作業を依頼する会社も多くあります。技術面でいうと対訳や辞書機能など翻訳者の作業をサポートする翻訳ソフトの技術革新も著しいものがあり、使い勝手が良いものが増えてきています。またクラウドコンピューティングの登場によりプロバイダーなどが無料で提供する翻訳サイトも出てきました。訳文が不自然になるという以前の問題がかなり改善され、翻訳会社なみとまではいかずとも、個人的に理解するためには十分というレベルまできているようです。

Copyright© 2015 医学論文やビジネスで利用できる翻訳サービスの活用All Rights Reserved.